ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「今、パリで人気の日本人シェフたち」 Vol.4田中淳氏「レストランA.T」オーナーシェフ  ほかのレストランにはない「個性」を重視
Vol.4 「今、パリで人気の日本人シェフたち」 Vol.4 田中淳氏「レストランA.T」オーナーシェフ 

ほかのレストランにはない「個性」を重視

【週刊ホテルレストラン2017年10月20日号】
2017年10月20日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、フランスのガストロノミー料理界で成功している日本人シェフが増えている。その中で、特にトレンディーなパリっ子の心を捉えている自由で革新的な日本人オーナーシェフ(6人)にインタビューして、その個性と魅力を探ってみた。

オーナーシェフ、田中淳氏のイニシャルが名称の「レストランA.T」。鴨料理で有名なパリの老舗レストラン「トゥール・ダルジャン」のすぐ目の前にあるアバンギャルドな店が世界の個性派グルメの人気を集めている。

「レストランA.T」オーナーシェフ
田中淳氏

プロフィール
1980年兵庫県生まれ。
17歳のときにピエール・ガニェールの本に出会って心を打たれる。念願のピエール・ガニェール東京店とパリ店での勤務を経て、スペイン、ベルギーなど世界の高級レストランで経験を積む。
2014年4月「レストランA.T」を開店。

「レストランA.T」
住所:4RueduCardinalLemoine75005Paris
Tel.+33(0)156819408
営業時間:
昼12:30~14:00
夜20:00~21:30
休業日:日曜日
料理の値段:
昼55ユーロ(7品)
夜95ユーロ(10品)
席数:20席

Q.お料理の特徴、特にこだわっていることは。

まず食材もワインもすべてオーガニックを使っています。料理にいろいろな要素を取り込まないで、食材と季節を尊重した料理です。オーガニックにこだわっている理由は、まずおいしい、そして化学物質が入っていないこと、生産者の顔がよく見えるという3点です。調理法の基本はクラシックです。肉はアロゼして最後に炭で焼きあげる。魚介類は一回塩でしめてから、火を入れます。食べ終わったときに軽さが残る料理です。祖父が漁師だったこともあり、魚介類が好きなので、肉よりは、魚介類と野菜が中心の料理になっています、。日本の食材は、ゆずやシソは使っていますが、醤油などの調味料は使っていません。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2017年11月17日号
2017年11月17日号
本体1,600円(税込)
【特集】HACCPは難しくない! -食品危害を未然に防ぐ衛生管理システム…
【スペシャルインタビュー】
㈱タップ 代表取締役会長 林 悦男 氏 代表取締役社長 清水 …

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE