ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • (株)バルニバービ 佐藤 裕久 「それでもなお一杯のカフェの力を信じますか?」 第十七回  第二部『バルニバービの開発する物件のケーススタディ』 アダッキオは足立の岡田?
第十七回 (株)バルニバービ 佐藤 裕久 「それでもなお一杯のカフェの力を信じますか?」

第十七回  第二部『バルニバービの開発する物件のケーススタディ』 アダッキオは足立の岡田?

【週刊ホテルレストラン2018年04月06日号】
2018年04月06日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

㈱バルニバービ
佐藤 裕久 Hirohisa Sato

Profile
京都市上京区生まれ。神戸市外国語大学英米語学科中退、アパレル会社で出店計画事業などに従事後、1991 年有限会社バルニバービ総合研究所設立、代表取締役に就任。98 年㈱バルニバービに組織変更。現在、東京・大阪をはじめ全国に95 店舗(2018 年2 月末時点)のレストラン・カフェやスイーツショップを展開。著書に『一杯のカフェの力を信じますか?』(河出書房新社)、『日本一カフェで街を変える男』(グラフ社)がある

アダッキオは足立の岡田?
 
前回の考えのもと手に入れ、手掛けた案件の一つに足立区の千住東にある『AD’ACCHIO』と『スロージェットコーヒー』という二軒を展開する物件があります。一番近い電車の駅は『京成関屋』『牛田』とあまりなじみのない(すみません)駅から徒歩10 分。ターミナル駅『北千住』からは徒歩20 分近くかかる場所に位置しています。
 
初めてその地に足を運んだのは物件開発とは何も関係のない機会でした。
台東区蔵前東京本部スタートの隅田川河川敷ランニングの際にそのエリアに出くわしました。スタートは厩橋、隅田川を上流に走ります。心地よいランニング道が始まる白鬚橋より先は荒川区。そして南千住を越えてしばらくして河川敷はなくなり千住汐入大橋を対岸に渡ると足立区、倉庫街。天井の高い物件好きの僕ゆえ思わずさまよい始めます。
 
“ 何だか面白そう!!(根拠なんてありません…何だかです)”早速不動産仲介のブレーンに走りながら連絡します『千住関屋、仲町〜河原町エリア辺りで物件探して!』。そうして提供されたいくつかの情報の中で、まず最初に訪れたのは墨田区墨堤通り沿いの築40 年超の古い住宅付き店舗(そば屋)とガレージ、その間に中庭という千住東一丁目の物件。一目で気に入りました。

■業界人必読ニュース

週刊ホテルレストラン最新号
2018年04月20日号
2018年04月20日号
本体1,600円(税込)
【特集】デスティネーション広島 観光資源の宝庫、広島 誘客拡大への…
【トップインタビュー 】
オトカーコレクション シャトー・サンマルタン&スパ ラポジ…

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE