ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 酒のSP クラフトカクテルの祭典「東京カクテル7デイズ 2019」 4月20日~29日に都内のバー63店舗で開催
酒のSP

クラフトカクテルの祭典「東京カクテル7デイズ 2019」 4月20日~29日に都内のバー63店舗で開催

2019年03月15日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

63店舗が参加、「ジャポニカ」テーマに252の創作カクテル

バー&カクテルファン向けのウェブサイト「Drink Planet」を運営する㈱セロリは、“カクテルの祭典”として行なわれるプロモーションとイベント「TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019」(東京カクテル7デイズ 2019)を4月20~29日の10日間(イベント会場は20日と21日の2日間)開催する。今年で3回目となるこの催しに、今年は63店舗のバーが参加。今年のテーマ「ジャポニカ」に合わせて、日本の素材や要素を取り入れたオリジナルカクテルを各店4 種類ずつ創作し、その数は252種類に上る。

利用者は「カクテルパスポート」を購入して、この期間限定のオリジナルカクテルを特別価格(1 杯1000円、税・サ別)で購入できる。今年はカクテルの注文に応じて付与される“カクテルマイレージ”が導入された。参加店を訪ねると、1店舗ごとに“カクテルシール”(1店舗1マイレージ)を集め、そのマイル数によってプレゼントがもらえるというものだ。
 

メイン会場では9ブランドの旬のカクテルを無料テイスティング

「カクテルウィーク」などと称されるこの種のカクテルイベントは、この10 年ほどロンドンやニューヨーク、シンガポールなどさまざまな都市で開催され、バー文化やカクテルが楽しめるイベントとして人気だ。
期間初日と2日目にイベントが開催される「メイン会場」では、ファーマーズマーケットと共同開催のもと、過去最多の9ブランドがポップアップバーを展開する。カクテルパスポートを事前に購入した参加者は、無料でカクテルを飲んだり、酒のセミナーに参加できる。
 

概要
■ イベント名:東京カクテル7デイズ 2019 – 進化するクラフトカクテルの祭典 -
■ 開催日時&場所:
1)Village [メイン会場] 国連大学中庭広場(Farmer's Market @UNUと同時開催、東京都渋谷区神宮前5-53-70)
2019年4月20日(土) 12:00~21:30 / 21日(日) 12:00~17:00
*カクテルパスポート交換場所
*9ブランドのポップアップバー展開&カクテル無料テイスティング
*セミナー開催
2)バーホッピング対象店舗
2019年4月20日(土)~29日(月・祝)
渋谷、恵比寿、新宿などを中心としたバー、レストランバー、ホテルバー、計63店舗
 
■ 参加カクテルパスポート価格:前売り 3,800円(税込)/当日券 4,500円(税込)
■ パスポート有効期間:2019年4月20日(土)~29日(月・祝)
■ 公式サイト:https://cocktailbar.jp/7days/ @cocktailbarconcierge @tokyococktail7days
 
■ イベントに関するお問い合わせ先:
カクテル7デイズ事務局 welcome@cocktailbar.jp
 

週刊ホテルレストラン最新号
2019年08月16日号
2019年08月16日号
本体3,200円(税込)
【特集】なぜ今、SDGsが注目されているのか
【トップインタビュー】
インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG) IHG・ANA・ホ…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE