ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 2020年1月24日号 サービス・イノベーション-Part2~現場と本部が一体で進めるイノベーション~
2020年1月24日号 サービス・イノベーション-Part2~現場と本部が一体で進めるイノベーション~

サービス・イノベーション-Part2~現場と本部が一体で進めるイノベーション~ 161 本物のミニ縁日・旅館・菊乃家

【週刊ホテルレストラン2020年01月24日号】
2020年01月20日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

変化に追われるリーダーのための実践的イノベーションメソッドとして、ホテル業の事例にとどまらず、多く企業変革の現場から生まれた「チェンジング・メソッド」として紹介していた 48種。その Part 2としてお届けする。

Profile
岡村衡一郎
(おかむら・こういちろう)

1971年生まれ。亜細亜大学卒。(株)船井総合研究所を経て、2004年(株)スコラ・コンサルト入社。120社を超える企業変革を支える。「会社が変わるとは何か」、「人ご意見・ご質問お待ちしておりますがイキイキ働くには何が必要なのか」を考え続け、「一品」という変革コンセプトを発見、体系化する。支援先の起源や今あるリソースを足場に、「あるもの」から「ないもの」を生み出す一品イノベーションに多くの経営者ファンを持つ。変わるためのテコをあぶりだす「経営者オフサイト」、「『一品』で会社が変わるワークショップ」を主催。著書に『一品で会社を変える』(東洋経済新報社)『30代でチームのリーダーになったら最初に読む本』(同社)など

okamura-kouichiro@scholar.co.jp

 下記の写真 1は、旅館・菊乃家が夏休み中、毎日開催していた縁日で使われていた手作りのパチンコである。縦 180㎝横90㎝のパチンコは、5球・150点以上で豪華景品と引き換えられる、縁日の目玉だ。

 このパチンコは、手作りである。それも、社員のお父さんがボランティアで作ってくれたものだというのだから驚きだ。社員のお父さんの力も引き出すだけの、仕事の面白さが菊乃家にはあるということだろう。仮に自分の息子が、仕事の話をしていなかったとしたら、つまらなそうに話していたとしていたら、社員のお父さんの力は引き出せていないのだから。

週刊ホテルレストラン最新号
2020年04月03日号
2020年04月03日号
本体1,650円(税込)
【特集】「今、何をすべきか?」 ~各エリアのキーマンに聞く、ホテル…
【トップインタビュー】
(株)阪急阪神ホテルズ 経営戦略本部 SDGs推進部長 (前 第…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE