ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 【レポート】ワイン販売の可能性:渋谷ストリーム エクセルホテル東急「ブレンドワイン“ブリリアント”バレンタインプラン」

【レポート】ワイン販売の可能性:渋谷ストリーム エクセルホテル東急「ブレンドワイン“ブリリアント”バレンタインプラン」

2023年01月23日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シニアソムリエの小池崇裕氏
シニアソムリエの小池崇裕氏

更に美味しいワインを求めて
ワインを身近に感じて欲しい、手軽に楽しんで欲しい。ワインサービスに携わる方なら誰しもがその言葉を目や耳にしたことがあると思う。では実際何が行われているかというと、分かりやすい説明や飲み方、品種の特徴など「ワインのお作法」に従った説明や整理がされることが多い。しかし、そうした「お作法」は純粋に楽しむ際に必ずしも必要であったり、入り口である必要はない。「ブレンドワイン“ブリリアント”バレンタインプラン」は、そうしたお作法ではなく、純粋に美味しいワインを提供して楽しんで欲しいという気持ちから生まれた。今回の誕生秘話をシニアソムリエの小池崇裕氏に伺った。

 

ブレンドワイン“ブリリアント”バレンタインプラン
ブレンドワイン“ブリリアント”バレンタインプラン

今回のプランを考えるきっかけを教えて下さい
「東急ホテルの関係者が集まり、これまでにない新しい商品企画ができないかと議論するなか「美味しい×美味しい」は、美味しいのでは?という一言から今回のブレンドワインに辿り着きました。我々ワインを扱う者には、ワインはボトリングされた時点で完成された飲みものであり、ブレンドするという発想がなかったのですが、面白いなと思い、渋谷だったらいけるかなと感じました。渋谷のキャッチフレーズに「ちがいを ちからに 変える街。渋谷区」というのがございまして、そういった違いが許されるのではないか、新しい取り組みができるのではないかということで、取り組みが始まりました。」
 
ブレンドの試行錯誤についてはどうでしたか?
「最初色々と合わせてみました。赤ワインと赤ワインとか、白ワインと白ワインとかですね。ですが、味わい自体それほど変化がありませんでした。それで、色々と合わせる中、赤ワインの渋味が苦手な方もいらっしゃるので、それをどうしたら飲みやすくできるかという方向にしていきました。それで生まれたのが、今回のブレンドになります。何と何を合わせたら飲みやすくなるのか、違いがはっきりと分かるにはどうすればよいのかが、試行錯誤で難しかったですね。」

 今回はネーミングにも共通点がありますよね
「赤ワイン、ポートワイン、ロゼワインというブレンドを決めたあと、もう少し工夫が出来ないかを考えました。ポートワインにはルビーポートを使用するので、ルビーに合わせられるものを考え宝石にたどり着きました。ですので、始めからシラーズであったりという訳ではなく、味わいに差がでる組み合わせを探す中で決まっていきました。お料理についても、まずはシェフに飲んでもらい、1つ1つのワインの説明をしました。その後、シェフが産地であったり、味わいであったりからお料理を考え、今回のプランができ上りました。」
 
今回のプランのポイントは?
「渋谷にも「渋い」という文字が入っていますし、そこを変えられるような取り組みができればと考えていました。飲みやすさには渋味の強弱以外に、甘味も大きく影響しますので、渋味が苦手な方にも楽しんで頂けるように致しました。また、宝石の名前も入っていますので、女性の方々にもご興味を持って頂けると嬉しく思います。」

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年06月15日号
2024年06月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【TOP RUNNER】
オリオンホテル(株) オリオンホテル 那覇 取締役 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE