ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • ウエディングプランナーの役割【第4 回】 オリジナリティーあふれるウエディングが求められている現在
第4回 ウエディングプランナーの役割

【第4 回】 オリジナリティーあふれるウエディングが求められている現在

【月刊HOTERES 2015年09月号】
2015年09月18日(金)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10 年間ブライダル専門学校の講師を経験し、数多くのウエディングプランナーを養成してきたのが、トータルライフコンシェルジュとして活躍中の㈱トータルライフ環境ラボ 加藤淳子社長だ。指示待ちの若者が増えている中、“ 教えれば熟す器用は持ち合わせている”という信念のもと、さまざまな視点から人材育成に向けた連載を6 月3週号よりスタート。今号は「ウエディングプランナーの心構えのリニューアル必須」を題材に書き上げていただいた。

 オリジナリティーあふれるウエディングが求められる現在、それに対し、新郎新婦の希望を聞き、満足のいくウエディングをプランニングできるプランナーの存在は重要です。一番大切なのは、「聞き取り上手」であることです。
 
 新郎新婦が理想とするウエディングを作り上げるためには、まずはできるだけ新郎新婦と打ち合わせを重ね、理想のイメージを膨らませることが大切です。しかし新郎新婦の皆様が、しっかりとしたイメージを持っているとは、限りません。自発的にああしたい、こうしたいと意見を述べるカップルも最近では多くはありません。それだけにプランナーが「どんな披露宴にしたいのか?」などさり気なく意見を引き出し、上手に新郎新婦の思いをくみ取り、話を発展させていけるコミュニケーション能力が必要となります。
 
 つまり会話のキャッチボールがしっかりできることが大切です。

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年06月15日号
2024年06月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 全国ホテルオープン情報
【TOP RUNNER】
オリオンホテル(株) オリオンホテル 那覇 取締役 総支配人…

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE