ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 東急不動産(株) 新ブランド「RESERVE」が全国のホテル・旅館と東急ハーヴェストクラブを Win-Winで結び付ける
東急不動産(株) 新ブランド「RESERVE」が全国のホテル・旅館と東急ハーヴェストクラブを Win-Winで結び付ける

新ブランド「RESERVE」が全国のホテル・旅館と東急ハーヴェストクラブを Win-Winで結び付ける

【月刊HOTERES 2024年02月号】
2024年02月26日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでホテルがリーチできていなかったHVC会員という新たな富裕層とのつながりも築いていく


 パートナーシップを結ぶ施設の業態はホテルに限定せず、旅館についても積極的に検討を進めていきたい考えだ。施設の新旧や規模は問わず、客室も既存に限らず改修想定や新築であっても10室前後の客室を賃借できるのであれば検討を進めることは可能だ。

 今のところ賃借期間は 10年以上を基本としているが、HVC会員のニーズとホテル事業者のニーズに対応しながら、数年といった短期で賃借するメニューも検討できると言う。

 東急不動産は HVCのブランド価値を向上させるため、スピード感をもって RESERVEの展開を進めていく。「HVCの施設ラインアップに、ホテル事業者の皆さまから一部の客室を賃借する RESERVEを組み合わせることで、日本全国にHVC会員の選択肢を増やしていきたいと考えています」

 ただし目指すべきゴールは拠点数、客室数を増やすことではなく、HVC会員拡大・満足度向上はもちろんのこと、ホテル事業者とパートナーシップを組むことでWin-Winの関係を広げていくことにある。今後本格化していくRESERVEという新しい発想による HVCの展開が、日本全国のホテルや旅館の稼働率を高めるとともに、これまでホテル事業者がリーチできていなかった HVC会員という富裕層とのつながりも築いていくことになるだろう。

東急不動産(株)
ウェルネス事業ユニット ホテル・リゾート開発企画本部ハーヴェスト事業部 開発企画グループ グループリーダー

東 大貴氏

1983年生まれ。2007年東急不動産(株)入社。入社時より東急ハーヴェストクラブ事業に従事。ハーヴェストクラブ「VIALA」シリーズの初施設である「東急ハーヴェストクラブ VIALA箱根翡翠」の開発や、会員権の販売企画などを担当。2010年より同社商業施設事業部門へ異動後は 10年以上、商業施設事業に従事する。2022年ハーヴェスト事業部に復帰。23年よりウェルネス事業ユニット ホテル・リゾート開発企画本部 ハーヴェスト事業部 開発企画グループ グループリーダーとして、「ハーヴェストクラブ RESERVE」を含む商品開発、新事業開発、ハーヴェストクラブ全体のブランディング、用地取得などを行なう。
[お問い合わせ]harvestclub_reserve@tokyu-land.co.jp 

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年05月15日号
2024年05月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 2024年日本のホテルチェーングループ一覧 後編
【TOP RUNNER】
ジャヌ東京 総支配人 田中紀子氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE