ログイン
検索
  • TOP  > 
  • 記事一覧  > 
  • 「LEXUS MEETS...」、東京・日比谷に“和スイーツ”カフェラウンジとしてリニューアルオープン!
毛利愼の外食エンターテインメントVol.94

「LEXUS MEETS...」、東京・日比谷に“和スイーツ”カフェラウンジとしてリニューアルオープン!

2024年05月13日(月)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗エントランス。ファサードには歴代の車種のエンブレムが施されている
店舗エントランス。ファサードには歴代の車種のエンブレムが施されている

トヨタ自動車㈱(以下、トヨタ)が、東京ミッドタウン日比谷内の「LEXUS MEETS...」を、約半年に及ぶ期間を経て、日本各地の魅力と和スイーツを楽しめるカフェラウンジとしてリニューアルオープンした。新たなテーマは “道”だ。
 
トヨタにとって“道”は、車が走ることで見つめてきた時間、そして意味を持つ特別な場所だ。同店はそんな“道”をモチーフに、ドライバーズネーム“モリゾウ”として知られる豊田章男会長の想いを詰めた空間として生まれ変わった。
 
その想いは店舗各所にあるディスプレイ棚のオブジェや写真、本に反映されている。同社の車に関わるさまざまな車両パーツを製造する事業者が47都道府県に渡ることから(※1台にということではなく、同社全車種を通して)、“クルマは各都道府県のモノづくり技能の結晶”という想いを表現すべく各パーツをオブジェ化して展示した。また、ドライブのたのしさを想起させる“道”の写真も多数展示されている。さらには“道”とその先につながる世界を意識したアート作品も展示されており、日本各地の魅力を感じられる演出となっている。
 

店内に2枚だけある“モリゾウサイン”の入った“道”写真。ぜひ、これらの写真が選ばれたストーリーに触れてもらいたい
店内に2枚だけある“モリゾウサイン”の入った“道”写真。ぜひ、これらの写真が選ばれたストーリーに触れてもらいたい

さて、今回のリニューアルでは“日本の魅力に触れる”という意味で、“食”についてもメニューの工夫が行われている。
 
まずは“和スイーツ”という切り口だ。中でもシグネチャースイーツである、食で五街道の経由地や終着点の土地をフィーチャーし、テイクアウトメニューにもなっている“日比谷 五街道団子”は5つの味をコンプリートイートしてもらいたいラインナップだ。また、“モリゾウ好み”に触れることができる愛知県・蒲郡の甘味処「秀月堂」監修のかき氷や、期間限定で提供されるフルーツを贅沢に使ったドリンクの“MORIZO SPECIAL”も季節ごとに訪れてもらいたいクオリティを誇っている。次に食事やお酒を楽しむ場としてのメニュー展開がブラッシュアップされた。今回のリニューアルではランチタイムに“銀鱈と旬の根菜の定食”などの和定食が提供されたり、“旬の生野菜とフムスや赤味噌のディップ”など、和エッセンスと共にこだわりのお酒を楽しめる提案がなされるなど、「LEXUS MEETS...」ならではの“和食メニュー”が数多く提供されている。またドリンクメニューにおけるお酒のラインナップが魅力的な同店だが、車での来店やLEXUS車の試乗のお客さまも想定し、ノンアルコールメニューが充実している点も嬉しい。
 
加えて、「LEXUS MEETS...」はカフェラウンジというカテゴリーにあらたな息吹を吹き込んだといっても過言ではないほどクールだ。実際、カフェタイムやちょっとした軽食のシーンに筆者はオープン後、何度も足を運んでいる。昨今の日比谷が銀座同様にインバウンドも多く、国際色豊かなエリアとしての色合いを増す中、同店は“クールなトーキョー”を体現する店舗として訪れる人々を魅了するだろう。
 
同店にはイートインに加え、コーヒーやスイーツをテイクアウトできるMEETS KIOSKも設置されている。いずれの利用においても、ぜひ足を運んでもらいたい空間が日比谷に誕生した。
 
「LEXUS MEETS...」
https://global.toyota/info/lexusmeets/
 

こだわりの和スイーツ。五街道を各地の特産品を用いた餡で表現した“日比谷 五街道団子”や“どら焼き”はテイクアウトすることもできる。手土産としてもぜひ使いたい味わいだ
こだわりの和スイーツ。五街道を各地の特産品を用いた餡で表現した“日比谷 五街道団子”や“どら焼き”はテイクアウトすることもできる。手土産としてもぜひ使いたい味わいだ
世界で活躍するTOYOTA GAZOO Racingドライバー、小林可夢偉氏が「LEXUS MEETS...」のために監修したコーヒー。豆の選定、煎り方、淹れ方、マシンにまでこだわったブレンドになっており、アイスは水出しで提供される
世界で活躍するTOYOTA GAZOO Racingドライバー、小林可夢偉氏が「LEXUS MEETS...」のために監修したコーヒー。豆の選定、煎り方、淹れ方、マシンにまでこだわったブレンドになっており、アイスは水出しで提供される
ランチメニューから“塩角煮と旬の野菜のせいろ蒸し定食”(写真左)と“銀鱈と旬の根菜 酒粕西京焼き定食”(写真右)。その他、大門素麺がざるとにゅうめん(おのおの1日限定10食)の2種で提供されている
ランチメニューから“塩角煮と旬の野菜のせいろ蒸し定食”(写真左)と“銀鱈と旬の根菜 酒粕西京焼き定食”(写真右)。その他、大門素麺がざるとにゅうめん(おのおの1日限定10食)の2種で提供されている
ランチメニューとしても提供されている“コンビーフと玉子のサンドイッチ”、“黒大豆のマスカルポーネ 玄米クラッカー”、“スモークサーモンの山椒マリネ”などおつまみメニューの数々。いずれもちょっとした和のエッセンスを活かした味わいになっている
ランチメニューとしても提供されている“コンビーフと玉子のサンドイッチ”、“黒大豆のマスカルポーネ 玄米クラッカー”、“スモークサーモンの山椒マリネ”などおつまみメニューの数々。いずれもちょっとした和のエッセンスを活かした味わいになっている
デイタイムのラウンジの光景。日比谷ステップ広場や沿道から自然光が豊かに導入される作りとなっている。棚にディスプレイされている本を読むこともできるなど、開放的な雰囲気の中で自分時間を過ごすことができる
デイタイムのラウンジの光景。日比谷ステップ広場や沿道から自然光が豊かに導入される作りとなっている。棚にディスプレイされている本を読むこともできるなど、開放的な雰囲気の中で自分時間を過ごすことができる
一方、バータイムはシックで落ち着いた雰囲気に。アルコールメニューには、和紅茶や和三盆を使ったカクテルや、“静岡蒸溜所 ブレンデッドM”、“積丹ジン「KIBOU –きぼう–」–火の帆–”といった和酒のウイスキーやスピリッツなどがラインナップされている
一方、バータイムはシックで落ち着いた雰囲気に。アルコールメニューには、和紅茶や和三盆を使ったカクテルや、“静岡蒸溜所 ブレンデッドM”、“積丹ジン「KIBOU –きぼう–」–火の帆–”といった和酒のウイスキーやスピリッツなどがラインナップされている
テイクアウトカウンターも兼ねているMEETS KIOSK。和スイーツや小林可夢偉氏監修の個包装コーヒーの購入、ドリンクのテイクアウトに対応している
テイクアウトカウンターも兼ねているMEETS KIOSK。和スイーツや小林可夢偉氏監修の個包装コーヒーの購入、ドリンクのテイクアウトに対応している
同店ではLEXUS車の試乗体験(要予約)をすることもできる。コースは6コースが用意されている最大90分までのショートコースに、南房総や富士山など、山と海の魅力が満喫できる4コースが用意され、なんと!最大7時間まで試乗ができるロングコースが用意されている
同店ではLEXUS車の試乗体験(要予約)をすることもできる。コースは6コースが用意されている最大90分までのショートコースに、南房総や富士山など、山と海の魅力が満喫できる4コースが用意され、なんと!最大7時間まで試乗ができるロングコースが用意されている

担当:毛利愼 ✉mohri@ohtapub.co.jp

月刊HOTERES[ホテレス]最新号
2024年05月15日号
2024年05月15日号
本体6,600円(税込)
【特集】本誌独自調査 2024年日本のホテルチェーングループ一覧 後編
【TOP RUNNER】
ジャヌ東京 総支配人 田中紀子氏

■業界人必読ニュース

■アクセスランキング

  • 昨日
  • 1週間
  • 1ヶ月
CLOSE